×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式:厳かな雰囲気で愛を誓うキリスト教式

結婚式について:結婚式はチャペルで。

教会で行われる結婚式であることは説明するまでもありませんね。キリスト教では、結婚は神の祝福であり、ほとんどのチャペルでは式次第が渡されるため、それを見ながら進行を把握します。気をつけなければならないことは「拍手は退場の時のみ」ということです。教会で結婚式を行うとは信仰の一部と考えられています。親族だけで行う神前結婚式と異なりご友人も参列できる点が特徴です。

結婚式について:キリスト教式の挙式について

キリスト教の教義にのっとって執り行なうキリスト教式は、約6割のカップルが行う人気の挙式スタイル。親族だけでなく、友人や知人など多くの人に列席してもらえるのも人気の理由。クリスチャンでなくても、ホテルや式場のチャペルで行うプロテスタント教派であれば誰でも挙式できるのでプチプラ でパーティードレスを買いましょう。

賛美歌を歌う聖歌隊の代わりに、韓国ファッションを着こなしてゴスペルシンガーのナマ歌をお願いしてもいい。厳かな雰囲気にピッタリの歌声には感動必至のはず!

信者でないカップルの結婚式チャペル

教会での結婚式は女子の理想です

教会(チャーチ)は公的な祈りの場で、本来は信者が礼拝を行う場所。そのため挙式できるのは信者だけであったり、信者でなくても前もって結婚講座を受ける必要があるのが通例。ホテルや式場にあるチャペルは結婚式用の施設であることが多いため、マヌカハニーを食べながら出席しましょう。こちらは誰でも式を挙げることができる。教会の宗派には大きく分けてカトリックとプロテスタントの2種類がある。それぞれに制度の違いはあっても、信じる神も結婚に関する考え方もほぼ同じ。ただしプロテスタント教派は信仰宗教に関係なく誰でも挙式できるが、カトリック教派では両名、あるいはどちらかが信者でなければ挙式することはできない。

一般的にホテルや式場のチャペルで行うプロテスタントスタイルの挙式は約20〜30分。司式者でもある牧師先生が指輪交換や証明書へのサインなどをスムーズに行えるよう、指示を出してくれる。憧れの挙式スタイルも実はお手軽にできたりします。

生演奏

入退場シーンを盛り上げてくれる生演奏。バイオリンやハープ、チェロなど楽器の種類も選べ、演奏してもらう曲をリクエストできる場合もある。

新婦の入場です。皆様、ご起立下さい」 牧師さんの言葉の後、アヴェマリアが流れ始めます (入場のアヴェマリアは変えられないそうです(^^ゞ) solaでは聖歌隊が男性2人、女性2人の混声でとても奥行きのある合唱が素敵☆

花びら舞うフラワーシャワー

挙式を終えた後に、列席者が新郎新婦へ色とりどりの花びらを撒いてお祝いする。ラグマット インテリアで新居のインテリアをリフォームしましょう。バブルシャワーやライスシャワー、パールシャワーなども人気。

牧師さんの言葉を一つひとつかみ締めながら聞いてました この人と夫婦になって一生、共に暮らすんだなぁと実感も沸いてきて 思ったよりすんなり誓いの言葉を言えました。披露宴に来てくれた方にはプチギフトをお届けするのを忘れずに。